井関 隆子

井関 隆子

井関 隆子



井関 隆子(いせき たかこ、1785年(天明5年)6月21日 - 1844年(天保15年)11月1日)は、江戸時代後期から幕末にかけて活躍した女流歌人、日記作者、物語作者。

井関隆子(いせきたかこ・1785~1844)は九段坂下に屋敷を構えた旗本の夫人です。天保11年(1840)~15年、隆子が56歳から60歳の間の日記が現存します。当時未亡人であった隆子は、当主である息子の親経(二丸留守居)夫婦らとともに暮らしていました。歴史の中では無名の一女性である隆子ですが ...

朝日日本歴史人物事典 - 井関隆子の用語解説 - 没年:弘化1.11.1(1844.12.10)生年:天明5.6.21(1785.7.26)江戸後期の旗本庄田安僚の娘。名はキチ。江戸生まれ。30歳ごろ,旗本井関弥右衛門の後妻となる。特定の師につかず,蔵書を熟読して独学で古典への理解を深めた。

井関隆子の屋敷は350坪くらいで、田安御門と清水御門に近く、所謂武家屋敷が軒を連ねている。現在の千代田区九段1丁目辺りである。屋敷は庭を広く取り、様々な草花を配している。隆子はその敷地に離れを設けて、そこに住んでいた。花を愛し、歌を愛し、酒を愛した。 1月19日 ...

 · 井関隆子 いせき たかこ 2019.10.17 Thursday 。。。。。。。。。。。。。。。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 井関 隆子(いせき たかこ、1785年(天明5年)6月21日 - 1844年(天保15年)11月1日)は、江戸時代後期から幕末にかけて活躍した女流歌人、日記作者、物語 …

 · 第 Ⅱ 部 女性によって継がれた徳川将軍家と井関隆子日記 【共催】公益財団法人 德川記念財団 ※新型コロナウイルス感染の状況により、日程等変更が生じる可能性がございます。 ご来館前に当ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

へよりいとあまたとりかかり、・・・」(『井関隆子日記』) 御年寄の勤務と昇進 御年寄の執務室――千鳥の間 「煙草盆を控えてちっとも動きませぬ。そこへいろいろな事を申し込むと、一々 裁判をするのでございます」 『旧事諮問録』 「一引き、二運、三女」 滝山(小納戸大岡忠右衛門�

 · 井関隆子(いせきたかこ)が世間に少し知られてきたのは、平成11年度の大学入試センター試験の、本試験の国語Ⅰ・Ⅱの古文に『井関隆子日記』が採り上げられてからである。 しかし、私と隆子との出会いは、もう30年も前になる。鹿島神宮宮司家・67代の鹿島則文のコレクション・桜山文庫 ...

 · 『井関隆子日記』の現代語訳 2019.08.16 Friday 『井関隆子日記』の現代語訳 2019年8月15日の『山梨日日新聞』に記事は出た。郷里、身延町の作家、池田茂光氏が、『井関隆子日記』の現代語訳に取り組んでおられる、という内容。

 · 『井関隆子日記』の現代語訳 2019.01.04 Friday 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 sab********さん 2015/5/2920:56:05 井関隆子日記、ふるさとへの思いの現代語訳をおねがいします! ふるさとの荒れたる様を見て、昔の人の嘆きつる歌共、いと多かる。そはいみじかりつる都の年経て …

井関 隆子 ⭐ LINK ✅ 井関 隆子

Read more about 井関 隆子.

komfortsaun.ru
mochaanaliz.ru
autodrive57.ru
razborkann.ru
upr-juzhnoportovaja.ru
freemp3s.ru
govnomotoservice.ru
stepenko.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Guest

No man who has caught a big fish goes home through an alley.

Guest
School is a building that has four walls--with tomorrow inside.
Calendar
MoTuWeThFrStSu